【香港法人設立 VS シンガポール法人設立】の比較

7弊社にてよく受けるご相談の中で、「香港とシンガポール、どちらに法人を設立するのがふさわしいでしょうか?」という質問があります。では、香港とシンガポールの違いは何なんでしょうか?

香港もシンガポールも類似している部分が沢山あります。両方ともビジネス環境にも税環境も整い優遇されています。また、アジアの中心に位置するためロケーション的にも最適でインフラが整っており、英国コモンローからきている法制度が使われ、英語が公用語の一つであり、国民の教育レベルは高く非常に優れた雇用者を期待できます。

シンガポールも香港もビジネスを始めるのに世界でもっとも簡潔に行える場所として有名です。また、通貨が安定しており為替規制もありません。

このように類似している二つの国ですが、違いもあります。
香港とシンガポールにおける法人設立において主な違いは以下になります;

  1. 取締役条件の違い:香港法人において取締役は最低一人の自然人が求められます、国籍は関係なく香港居住者である必要はありません。それに対してシンガポールでは必ず最低一人のシンガポール居住者が求められます。
  2. 設立及び維持コスト:シンガポール法人は居住者の取締役が最低1名必要求なため、居住者ノミニー取締役提供サービスを利用しなければならない場合はその分コスト高になります。(*弊社ではノミニーサービスを提供しています)

    また、香港の法人税は16.5%で(最初のHK$2ミリオンの所得に関しては8.25%)シンガポールは17%です。ただしシンガポールはありとあらゆる控除や優遇処置がありお得です。また、香港は完全な源泉地主義が取られており、香港源泉の所得のみが課税対象になります。(*シンガポールもほぼ同じような源泉主義を取っていますが、課税対象となる海外源泉取得利益や配当もあるためご注意ください。)

  3. 税制:香港では配当や利息収入は非課税です。シンガポールは海外から受ける配当に対し、課税対象となる場合もあります。両国において、キャピタルゲイン課税はありません。
  4. 消費税:香港では付加価値税(VAT)及び消費税(GST)はありません、に対しシンガポールでは消費税は7%になります
  5. 会計基準:全ての香港法人において毎年の財務諸表及び会計記録の作成そして監査が義務となります。それに対しシンガポールでは休眠会社や私的免除会社または小企業に対して会計が免除されます。
  6. 地理的条件の違い:最後に、香港とシンガポールの地理的または文化的条件の違いがあげられます。香港は中国市場との密な関係にあり、「中国本土・香港経済連携緊密化取り決め(CEPA)」の導入によって税制的にも中国参入へもっとも適した場所といえるでしょう。それに対してシンガポールは地理的にも文化的にも類似点が多いマレーシア、インドネシア、インドなどの東南アジアへの入り口として適した場所と言えるでしょう。

シンガポールも香港もアジア・パシフィック地域で事業を展開するのに理想な法人設立国と言えますが、設立国の選択は事業目的やそれぞれの経営者がめざすゴールなどに基づいてきます。また、顧客やサプライヤーのロケーションも重要でしょう。

ゼットランドでは香港、シンガポール、中国またはオフショア地域での法人設立、会計、税務のサポートを行っております。お問い合わせは日本語で intray@zetland.biz まで。

(原文)Hong Kong vs Singapore for company incorporation

One of the popular questions from our clients is where is a better place to set up a company in Hong Kong or Singapore? What is the difference between these two jurisdictions?

Both are similar in many ways. Both jurisdictions have remained highly attractive for businesses due to business-friendly and tax favorable environments, strategic location and world-class infrastructure, strong English law system and highly educated skilled workforce.

Singapore and Hong Kong are reputed to be among the easiest locations in the world in setting up and doing business. In addition, their currencies are stable with no foreign exchange controls.

The major differences in terms of establishing the business in these jurisdictions are as follows:

  1. A Director of a Hong Kong company can be a person (at least one individual director required) and a company, and they can be any nationality and not required to be Hong Kong resident however a Singapore company requires at least one resident director.
  2. Since the Law in Singapore requires a resident director, the costs of maintenance of Singapore company is higher than Hong Kong company if nominee director service is required. In Hong Kong, the basic corporate tax rate is 16.5 % (the first HKD2 million of profits of enterprises is lowered to 8.25%). In Singapore, the corporate tax rate is 17 %. However a Singapore company is able to enjoy various tax incentives, rebates and tax exemption schemes introduced by the government. Hong Kong maintains a territorial system and does not tax profits arising outside of Hong Kong.
  3. Hong Kong does not impose a tax on dividend or interest income. Singapore levies tax on foreign dividends if received or deemed received in Singapore. Both places have no capital gains taxes.
  4. There is no value added tax (VAT) or goods and services tax (GST) in Hong Kong, whereas Singapore imposes a 7% GST.
  5. Every Hong Kong company must get its financial statements and accounting records audited by a local auditor on an annual basis. However Singapore has exemptions that are applicable to certain companies such as small companies, exempt private companies, dormant companies, etc.
  6. Hong Kong provides an ideal gateway to the Chinese market due to its close geographical proximity and its familiarity with the business culture in China. Also, with the China-Hong Kong Closer Economic Partnership Agreement (“CEPA”), it’s a good jurisdiction if your business is with China. Whereas Singapore is a gateway to South East Asia, especially Malaysia, Indonesia and India due to its close geographical proximity and familiarity with the cultures and languages.

It is unequivocal that both Singapore and Hong Kong are ideal destinations for setting up businesses in the Asia Pacific region. However we are of the view that the choice of jurisdiction to register your company to a large extent depends on your business goals and destination. You should take into considerations the locations of your customers, suppliers etc.

Zetland offers company formation and secretarial services, including corporate and individual Directors, able to assist with tax obligations and compliance in both jurisdictions.

Should you have any questions, please feel free to contact Alina Moroz at alinam@zetland.biz on Hong Kong company matters or Samantha Chia at samanthac@zetland.biz on Singapore company matters.

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。