遺言は何通残すべきか?

以下の記事は香港の遺言専門事務所である、Professional Wills Ltdからの寄稿になります。ゼットランドは世界中の士業とネットワークを組んで協業しております。

5Professional Wills Ltdでは4人の遺言の専門家がおり、香港での遺言作成から複数の国にまたがり資産を所有している場合の遺言作成のサービスを過去12年間にわたり提供してきました。本記事では簡潔になりますが、国をまたいでビジネスや資産を所有する人々が対面する資産承継における問題を見ていきます。

まず、遺言は1個人の人生の中でもっとも大切な法的書類といえるかと思います。遺言は、その人が一生をかけて蓄積した資産を扱う書類で、その資産はその数や額が多かれ少なかれ特有の資産であり、また大切な家族へ引き継がれるものです。金銭的な価値がある場合に限らず、もっとも重要なこととして金額価値のつけられない思い出などの感情的価値の高い資産も扱われます。

典型的な例は、世界中に散らばっているあらゆる資産に対して、1通の遺言しか残さないことですが、これだと各国において相続手続きに時間がかかる上にプロベート裁判の際に費用が更に割高になります。(*コモンロー制度の国では相続が発生すると必ずプロベートという相続裁判にかけられます)よって弊社では、お客様の資産がある各国にそれぞれの遺言を残すようお客様へアドバイスをしています。

複数の遺言を作成することは可能です。各遺言は特定の国や資産にのみ有効であるような書き方をすることが重要です。ある遺言がもう一つの遺言によって無効にならないような書き方にも注意が必要になります。

また、遺言は準拠法に対応した内容である必要があるため、お客様の国籍、居住国、Domicile(ドミサイル、永住国)を考慮し、各国の異なる相続法が組み込まれた内容に仕上げることが大切です。

居住国が1か所(1か国)で資産のありかも1か所(1か国)というケース、または多国籍や多国に居住を有しておりまた資産も各国にあるケースなど、弊社ではお客様の個々の異なるニーズのご相談を受けたまわっております。

資産承継は、相続税アドバイスや生命保険への加入など、その他方面のアドバイスを含む長期的な計画が必要になります。弊社では他の士業やプロフェッショナルとネットワークを組み様々なニーズにお応えすることが可能です。また、弊社の遺言作成サービスは、毎年の「リマインダー」サービスを含んでおり、各お客様には一度書かれた遺言の内容を更新する必要があるかどうかなどの連絡もさせていただいております。

詳しくは直接英語または中国語で弊社Professional Wills Ltdにご相談ください。
(電話 +852 2561 9031、メールenquiry@profwills.com

または日本語ではゼットランド社、にてサポートを行っております。日本語で intray@zetland.biz までお問い合わせください。

(原文)One Will or more?

Contributor of the following article is from Professional Wills Ltd in Hong Kong. Zetland works closely with the network of professional firms around the world.

Professional Wills Ltd and their team of 4 qualified Will writers specialize in multi-jurisdictional Wills and have been writing Wills in Hong Kong and around the region for the last 12 years. This introductory article provides an insight into some of the many issues encountered with Wills and estate planning for international workers.

A Will is one of the most important legal documents which an individual can execute. Often, it embraces assets, which may have taken a lifetime of effort to amass. These assets may be small or large but either way they are yours to hand down to those that you love. It may also deal with properties that are not only of monetary value, but also (and perhaps more importantly) incalculable sentimental or emotional attachment for both the testator and beneficiaries.

Common practice is to have a single Will drawn up to cover someone’s worldwide assets. In practice this results in delays and additional expense during the probate process. The industry standard recommendation is to have a separate country specific Will written to cover each jurisdiction where assets are located.

It is perfectly possible to have more than one Will. Each Will must be restricted to the country and type of property it is intended to cover and the drafting of such Wills needs to be done very carefully. It is important that one Will must not accidentally revoke another.

It is essential that this work is done properly and in consideration of the applicable laws. The understanding of ones’ nationality, residency, domicile and different succession laws are all important when writing Wills.

So, if you are a resident of one country with assets only there or if you are of different nationalities and with assets spread in 2-3-4 or more countries around the world, the team at Professional Wills is skilled at tackling your needs.

Longer term considerations often then include tax advice with regard to inheritance and estate taxes which might apply on death as well as business succession planning and ensuring life insurances and pension benefits are correctly structured. Professional Wills work with other industry professionals who can assist in more specific advice in these areas. Their storage service and annual reminders help to encourage clients that once Wills have been written that they are maintained and kept current.

For more information contact any of the 4 Will writers at Professional Wills Ltd in Hong Kong on + 852 2561 9031 or email enquiry@profwills.com

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。