香港税務、研究開発(R&D)活動を対象とした優遇税制

82018年10月24日、香港税務改正法案(第三号)が施行され、香港において研究開発活動(R&D)を優遇税制によってい支援する第一歩の試みが始まりました。この新しい優遇税制ではR&D支出を2つのタイプ(タイプAとタイプB)に区分しています;

  • タイプAは基本的にタイプB以外の全ての経費が当てはまり、支出額の100%が損金算入の対象になります。
  • タイプBは拡大された二段階の損金算入の対象になり、200万香港ドルまでの支出額は300%、それを上回る支出額の200%を損金算入することができます。
    香港税務当局では更なるガイダンスを発行し、この優遇税制の応用について詳しい説明を発表する予定です。

ゼットランドでは香港とシンガポールにタックスチーム(税理士チーム)がおり、税務アドバイスを行っております。ご相談は日本語で intray@zetland.biz まで。

(原文)Enhanced tax deduction for R&D activities in Hong Kong

On 24 October 2018, the Inland Revenue (“IRD”) (Amendment) (No. 3) Bill 2018 (“Bill”) was passed by the Legislative Council. The introduction of this bill is a first step to encourage more the research and development (“R&D”) activities in Hong Kong through the use of tax incentives. Under this new R&D tax deduction regime, the tax deductions available for two types of qualifying R&D expenditure, Type A and Type B are as below:

  • Type A expenditure (R&D expenditure other than Type B expenditure ) – a 100% normal deduction
  • Type B expenditure (R&D expenditure on in-house qualifying R&D activities) – a 300% deduction for the first HK$2 million and a 200% deduction for the remaining amount without any limit

The IRD will issue a DIPN to provide more guidance in the interpretation and application of this new R&D tax deduction regime.
Should you have any questions or would like to know more information please contact Kevin Lei, Zetland Tax Supervisor at kevin.lei@zetland.biz (tel: + 852 3552 9096).

香港・シンガポール・上海・ベリーズ・ニュージーランド・ドバイ・ロンドン
当ウェブサイトをご利用頂く方は、弊社のご利用規約に同意されたものとみなします。